未来を失くした天使
〜 Lost Future Angel 〜

⇒ トップページ 生い立ち 事故あの日から 悲しい真実 裁判−判決 出来事(報道) 掲示板BBS 関連リンク集

愛也加(あやか)の最後は保育園のベッドでした。

幼くして未来を失くした、私の大切な天使…
乳幼児突然死症候群(SIDS)と窒息死(事故)の境界線…

その真実を解き明かすために闘った記録。

愛也加 愛也加(あやか)です。
ここにいる赤ちゃん達は、愛也加が天国で仲良くしてもらっている大切な大切なお友達です。

愛也加は「うつぶせ寝」のまま放置され、保育園のベッドで亡くなりました。

未来を失くした天使


菜穂ちゃん 菜穂(なほ)ちゃんです。
ISA〜赤ちゃんの急死を考える会〜の事務局長、櫛毛さんの愛娘、菜穂ちゃんです。生後1日、病院(新生児室)内で天使になりました。
当初の死因は「窒息死」、病院側の責任とされていました。しかし半年後、「SIDSだから病院側に責任はない!」と…菜穂ちゃんと、ご家族に襲い掛かった苦悩な出来事や、同じような赤ちゃんの死についての事例を基に、櫛毛さんご本人が、小学館より書籍を出版されています。
書籍「菜穂へ、そして未来を絶たれた天使たちへ」
(享年・生後1日)

菜穂ちゃんの書籍について


風歌ちゃん 風歌(ふうか)ちゃんです。
保育園のお昼寝中に天使になりました。後8日で1歳の誕生日でした。
とても優しいパパとママが作られたHPです。
風歌ちゃんのお写真など、とても可愛く飾られ、参考になる情報なども記されています。
(享年・11ヶ月)

風のあしあと


真滉くん 真滉(まひろ)くんです。
風邪で入院したはずだった真滉くんは、病院側の不注意による事故で天国へ旅立ちました。
裁判では、「真滉くん勝訴」の判決でした。その後、相手側との誠意あるお話合いなどをされたそうです。
これが、本来あるべき相手側の姿ではないかと思います。
(享年・1歳8ヶ月)


南美ちゃん 南美(みなみ)ちゃんです。
託児施設での事故。病院内の託児施設、預けて3日目の事故でした。
小さな可愛い南美ちゃんも「うつぶせ」で発見されました。
長い話し合いの末、和解が成立されました。
(享年・2ヶ月)

また逢える日まで


志保ちゃん 志保(しほ)ちゃんです。
一番安心である病院で、治療中に天使になりました。
親にとって、子供を安心して預けられる場所とは、一体、何処なのでしょうか・・・
平成16年4月28日、裁判の判決が言い渡されました。判決は、「志保ちゃん勝訴」でした。
(享年・39日)


雪音ちゃん 雪音(ゆきね)ちゃんです。
幼稚園で容態が変わり、病院へ搬送されましたが、その後、大きな羽を背負い、天使になりました。
登園までなかった、お顔や足に目立つ傷などがあり、ご両親は、真実を求め刑事告訴されました。
(享年・10ヶ月)

雪音ちゃんについて


飛士己くん 飛士己(ひとき)くんです。
ひとき君は、無認可保育園で天国へ旅立ちました。
当初、死因はSIDS乳幼児突然死症候群でした。
しかし後の調べで、明らかなことが判明しました。
(享年・1歳2ヶ月)


諒くん 諒(りょう)くんです。
スキー場の託児室で亡くなりました。
諒くんの異常を発見した時は、やはり「うつぶせ」の状態でした。
(享年・1歳9ヶ月)


涼介くん 涼介(りょうすけ)くんです。
ちびっこ園(保育園)のベッドで事故は起きました。
そして涼介くんは天国へ旅立ちました。
ちびっこ園の信じ難い実態が明らかになりました。
(享年・4ヶ月)

Copyright (C) 2003 - ∞ 未来を失くした天使〜Lost Future Angel〜 Rights Reserved